<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2011年 06月 30日
ベトナムフォーのお店
多摩の奥地に引っ込んだ現在でも、毎日欠かさずチェックする市ヶ谷経済新聞から。


明日7月1日、ベトナムフォーのお店が市ヶ谷の外濠通沿いに開店だとか。
http://ichigaya.keizai.biz/headline/1150/


場所は市ヶ谷見附と市谷田町のあいだ。
中央大学大学院と法政大学大学院の中間あたりか。

東南アジアは暑くて湿気てて好きじゃないけど、メシは別。
日本人の食生活と親和性が高いと思う。
なかでも米麺のフォーはなんともいえない歯ごたえとノドごしがたまらない。
飯田橋や市ヶ谷のティーヌンとか、系列で新宿ルミネの下にあるカオサンによく寄って食べるんだけど
正直少し飽きてきたかなーというところだった。

で、新しいお店はベトナムフォー専門店だって。
麺専門のファストフードチェーン店っていうと、名古屋の すがきや みたいな位置づけかしらね?


丁度明日は市ヶ谷、しかもあの界隈に行くんだよね。
寄ってみようかなー。んーでも混んでるかなー。
あ、お値段はさすがに日本価格なのね。まあ 場所も場所だし仕方ないか。
[PR]

by shioyebis | 2011-06-30 15:15 | のらりくらり日和 | Comments(0)
2011年 06月 17日
ガマンがならない
地下鉄市ヶ谷のホームで15分以上も電車を待った。
こっちの私鉄に乗り入れるヤツをだ。

あたくしにとってはガマンの限界を遥かに超えた待ち時間。
狂いそうになるのを必死になだめた。

ここから乗れば、激混みな私鉄とは言え座れるし、新宿の私鉄ホームの鬱陶しさをも回避できる。
だからガマンだ自分!と言い聞かせた。



なのに、座れなかった。




軽く気が狂うかと思った。


仕方ないので電車降りたら飲むことに決めた。
ガンガン飲むことに決めた。


なのに。
なのに電車がちっとも進まない。
チンタラチンタラどうでもいいような駅に停まって、ちっとも進まないんだ。



もうほんと正直、ガマンがならない。




昨年の結婚披露宴の席で、あたくしの口の悪い友人とか叔母が、ハチオージ暮らしなんて、もって1年じゃない〜?
と笑ってたらしい。

なぁに言ってんだかーと思ったけどさ、
あんたたちアタリだよ。大当たり。
まだ半年だけど、かなりキビシいわ。

あたしよりあたしのことよく知ってるのね。感心する。


山手線&地下鉄のサッサカパッパな移動生活が恋しい。



やっぱり都内に引っ越そうよ〜、と、寝ているオットの耳元で催眠術をかけ続けることにする。
[PR]

by shioyebis | 2011-06-17 22:53 | えびす年表
2011年 06月 14日
グリーンを迎える
2週間ほど前、ネコ仲間のSぽんちに鉢植えを貰いに行った。
彼女は、夏からの大規模改修を前にベランダの鉢植えを整理せねばならず、
いくつかの鉢をドナドナする必要に迫られているらしかった。掲示板にそう書いてあった。


そして丁度、殺風景な拙宅のベランダをどうにかしたいというあたくしの願望もあったため
とある土曜日にオットの運転でSぽんちを目指すことになったわけ。

More
[PR]

by shioyebis | 2011-06-14 20:12 | のらりくらり日和 | Comments(0)
2011年 06月 12日
本日の衝動買い
しょくせんき。
検討 合計3時間ほど。




あたくし、食事の支度は死ぬほど嫌いだけど、後片付けは大好き。

どうせ最小世帯構成人数の家庭だし、ハナから手抜き工事、いや手抜き料理だし洗い物の数量だって高が知れてる。
だから食洗機って必要だと思ったことはないんだけど。

だけどなんだか気になっちゃって。




よく、食洗器は節水っていうじゃない?
あれの理由が知りたくてキーボードを叩いてみたわけ。
そしたらどうやら「ミスト」が決め手らしいことがわかった。
最初にどばーっと洗剤入りのミストを噴霧して、大方の汚れを浮かすらしいって。
その後に高温で洗浄なんだとか。


ふーん。






数日前、何かの拍子にオットにそんなハナシをしてみた。


数年前、オットがこの住居を買い求めた時のこと。
住宅設備のオプション商談会場で食洗機を検討していたオットは、売り手のおばちゃんに購入を止められたらしい。
いわく、ビルトイン食洗機はオプションで40万円ほどして非常に高価だし独身者には勿体無いから止めなさい。
家族が増えてから考えなさいと言われたらしい。

というわけで、拙宅に食洗機はない。




昨日の土曜日のこと。
ふと、近所の住宅設備ショールームに食洗機でも見に行こうかという流れになった。
数日前の会話が直接のトリガーであったが、この手の冷やかし行為は、我々の手軽な余暇の過ごし方のひとつでもある。
ニュータウンに多い、住宅のオープンハウスなんかにもバンバン行く。
結構楽しいし、センスゼロな我々にとってはモデルルームやオープンハウスのインテリアって大いに参考になるし。

ただし目指すショールームは場所が分からず、近隣にあるもう一箇所を目指すも、そこはぜんぜんお客さんが入っておらず。
係りの人に張り付かれても悪いので、パスした。
どうせ冷やかしだしさ。

そんで振り上げたコブシの下ろし方が分からず電気店なんかにも行ったんだが
卓上型の食洗機のサイズがイマイチ台所設備に合わないじゃん。。。


ということで、気を取り直して、国道沿いの大手設備メーカーのショールームを目指すことにした。



えーと、後付けのビルトイン食洗機ってどんなでっかー?と尋ねる。
するとショールームのお姉さんが、とあるタイプを見せてくれた。

本体価格19万円+工事費ってところか。


正直言って、萎えた。

我が家には高価すぎるわそれ。
そこまでして導入する必要ないし。と。



ところが帰宅してネットでぱぱっと検索したら出て来る出て来る、工事費込みでお安い業者さんがわんさかと。
正直言って、二人してテンションが上がったわけだ。

ということで、台所設備の計測と設置場所の検討をざざっと行い3つほどのメーカーの評価を比較して、
かなり早い段階でさきほど見に行った大手メーカーのものに決定した。

我々は決断が早い。購入の決定を下すのに、さしたる苦労をした経験がない。
アレコレ考えたって時間の無駄だし、重視するポイントさえブレずにはっきりしてれば
そうそう迷う必要も無いと思うんだが、結局。


ただしネット専業の業者だと下見をしてくれないことが多い。
事前に自分で設置場所をきちんと計測して電源の有無やら水道の分岐可否だとか調べる必要がある。
もちろん我々だってその辺のスキルに不足はないが、でもイザ設置となった時にキッチンに適合しなかったらそれは一大事だ。

だから、下見をしてくれる業者がありがたい。しかもトータルお安く。


そういう条件を満たす業者が比較的すぐに見つかった。
工事費込みでもショールームで見た本体価格より遥かに安く、
現行の最上位機種が入手できるという現実にウカれまくり
さっさとご購入決定となったわけだ。

b0009177_052293.jpg


ショールーム見学時間入れて、トータル3時間程度でビルトイン食洗機決定。
住宅設備のリフォームといっても過言ではないコレ、
コレをコレほどの短時間で決定するのって、おそらく、いやマジでかなり早いほうではないかと思われる。

よって本件を「衝動買」の一種に決定する次第だ。
[PR]

by shioyebis | 2011-06-12 23:37 | おっかいものーおっかいもの~ | Comments(0)