<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2007年 06月 30日
怒涛の穴埋め 幸せだと思う瞬間・雲を眺めている瞬間
ってかこれ自体実は1週間前の土曜撮影だけど、もう関係ない日付で進行~(笑)。

特に夕方、色と姿を刻々と変えていく雲や空の様を眺めていると、心底生きていてよかったと思う。

b0009177_21151181.jpg

b0009177_21184698.jpg

b0009177_2119129.jpg

b0009177_21191492.jpg

b0009177_21192543.jpg


残念なのは、日中労働に身をささげているため、こんな素敵な夕暮れ雲には年に数度しか巡り合えないこと。


記:2007年8月4日
[PR]

by shioyebis | 2007-06-30 21:11 | のらりくらり日和 | Comments(0)
2007年 06月 26日
怒涛の穴埋め また年を重ねたらしい
子供の頃 あんまり誕生日って重視されたことがなかった。
なぜだか知らない。
普通、親ならそれなりに楽しい思い出を子供に残そうとカラ元気出すんじゃないのかとも思うんだが。
うちの両親、特に母はそんな気持ちをさして持ち合わせていなかった。
それだけじゃないだろうけど、だから私はこんなヒネクレたアダルトチルドレンに育ったんだと思う。

以来ずっとそんな感じで毎年、別に何の感慨も喜びもなく そして今年もこの日を迎える。

昼、食事に出ようとしたら先輩にあたる人に突然、ここいらで一番のお店でランチにしよう!と袖を引かれた。
長いこと知り合いだしゴルフも一緒に行ったりした。でも実際のところ彼女とはそんなに親しいわけじゃない。
しかもご馳走してくれると。丁重にそれはお断りしたが。
誕生日は特別だ と言う。そうかな。 そんなもんかな。

きっと彼女はそういう環境で育ったんだろう。それだけだと思うけど。
ただ、少し嬉しかった。正直なところ。

そういや去年は市ヶ谷で一人メシ@薄暗い地下学食だったか(爆)。


記:2007年8月4日
[PR]

by shioyebis | 2007-06-26 20:51 | のらりくらり日和 | Comments(0)
2007年 06月 23日
feeling so free while without anything to do under this moon
b0009177_21125341.jpg

電気を消してゴロリと横になり、風に吹かれながら月を眺めている。
音楽はU2のwith or without you。
なんとも幸せな瞬間。
Just laying myself down under this moon without anything to do but feeling the wind
blowing softly, running lightly from the West.
I can't find anything more satisfying me at this moment.



ノートPC不具合中、及びデスクトップPC過負荷が不可(笑)につき携帯から。
近々ノート復旧とともに6/12付けで えびちゃん2周忌大祭時の酒池肉林?の模様などをUP予定。
[PR]

by shioyebis | 2007-06-23 21:12 | のらりくらり日和
2007年 06月 19日
怒涛の穴埋め ミューズのサインCD到着
b0009177_20452356.jpg

いや、正確にはこの日だったかどうか怪しい。6月上旬だった気もしないでもない。でもま いっか。

私のミューズの直筆サインつきCD到着っ!!!

すっかり忘れてた。
竹橋にある毎日系情報サイトのインタビューでプレゼント企画があって
応募してたんだっけ。
んー だけど確かサイン色紙(リップグロスのお絵かき付き)の方に出してた気がするも、まぁいいか。

とにかく彼女の声は温かくて柔らかくて透明でとっても素敵。
声帯はあまり丈夫ではないみたいだけど、その分昔と比べて表現力が凄いことになってて、正直泣ける曲もある。

しかし当然上記CDは発売日に入手済み。同じの二枚も。どうしようか。

それはさておき 鮎川麻弥 女史オフィシャル 
9月末のライブ、整理番号5番かそこらをゲット済み♪
なんたって10歳の頃からのファンだもん。相当年季入ってるぞ。


記:2007年8月4日
[PR]

by shioyebis | 2007-06-19 20:42 | のらりくらり日和 | Comments(0)
2007年 06月 12日
24度目の今日 2007/06/12 二周忌記念大祭
輝くほど美しいえびちゃん
愛情深くとってもよく出来た素晴らしい猫だったえびちゃん
そのえびちゃんが1年9ヶ月にわたる肥大型心筋症と、それに起因すると思われる血栓症との闘病を終え
静かにこの世界からその物理的姿を消してから今日で丸2年。
最初の1年は毎月彼の物理的命が消えた12日を「アジとマグロの日」と称し
彼の好物だったアジの開きとマグロのお刺身を求めて供養の代わりにしていた。
そして一周忌にあたる昨年6月12日にはデパ地下食材で記念大祭を開催し、まぁそれで一区切りとなって
以降毎月のイベントは行わなくなっていた。
去るものは日々に疎しって感じかな。
いつまでもメソメソグズグズ後ろ向きに過ごさずに済んだのは、暴力ねずみがもたらす破壊と恐怖に満ちた日常のおかげであるとも言える。

しかし今日の12日は別だ。なにせ2周忌だもの。

ということで再び池袋東武の地下食品売り場、厳密には水産品売り場へ駆け込んだ。
時刻は夜8時ちょっと前。モロモロが値崩れしているタイミングである。

More
[PR]

by shioyebis | 2007-06-12 22:14 | 2005年6月12日前後あれこれ | Comments(0)
2007年 06月 05日
Cathelin
多分バブル期に日本で流行ったらしいのがBernard Cathelin(ベルナール・カトラン)。


ずっと中学の頃からの憧れ。シンプルなタッチがなんだか都会的で。片田舎の私にはとっても素敵に見えた。

あれから20年ほどだろうか。
狭っ苦しい我が家にも彼ならではの花をモチーフにしたレプリカがいくつかある。
全然花には詳しくないくせに。

欲しいのは特にこれ。「黒いテーブルの上のアネモネ」
b0009177_0301528.jpg


オリジナルリトグラフだと現在15~20万円ほど。2年ほど前に逝去されてから相場が上がってる。
いやいや、もちろん3000円程度の廉価なアートポスターでいいんだけど なかなかないのよ。
[PR]

by shioyebis | 2007-06-05 00:39 | のらりくらり日和 | Comments(0)
2007年 06月 04日
古い友人に
高校2年、近所で遺跡発掘のバイトをした夏休みに知り合った同性の、少しだけ年上の友人2名に再会できる運びとなった。
時は7月半ばの予定。いずれも心から尊敬する人たち。
最後に会ったのは、もしかしたらもう10年近く前かもしれない。
なんと嬉しいことだろう。
この幸せを胸に明日から、また不毛な労働の日々を頑張ってやり過ごそう。

b0009177_274146.jpg
Bernard Cathelin



ここ数日、過日縁を感じた人たちとの再会の幸運に見舞われている。
How splendid this world must be !!!


あ かなり酔っ払ってるので ぶんぽー(文法)てきとー。
[PR]

by shioyebis | 2007-06-04 02:10 | のらりくらり日和 | Comments(0)