2016年 11月 09日
no need to say
Oh I got to know my master teacher should have known EVERYTHING that I have felt about him about my life and my dream.

That's why, that's why he is still the only man whom I deeply respect for for more than a quarter of the century and give all my heart for.


If only there were some another chances in my lifetime,
If only if only...








[PR]

# by shioyebis | 2016-11-09 06:24 | のらりくらり日和 | Comments(0)
2016年 01月 27日
人生に 一区切り
b0009177_23525517.jpg
つくば市 常宿のホテルグランド●雲から 
2016年1月27日 修士論文提出日 




修論を提出した.

これを,と心に決めたのは初回の大学2年の頃,今からざっと20年ちょい前のことだった.
結局これを,と目指すべき道が明確になったものだから,嫌々通ったり・通わなかったりしてた,その初回の大学は辞めた.
今思い返してもあれが人生のターニングポイントだった.
その時も,その選択が,後々の人生を決定するだろう,あるいは影響するだろうことは薄々わかってた.
大きな問題もなく歩いてきた人生という尾根から滑り落ちたと感じた.いわゆる挫折みたいなものかな.
でも逃げたかった.もう嫌い(になった)言語の習得に励むのは辛すぎたし,
だからってもう一度大学を一般受験し直すなんて無理だったベビーブーム世代.

でもあれから紆余曲折あって,30歳を過ぎてから本来の学究をはじめて
学友たちと励ましあいながら学士過程を修了したのが3年前.

その間,結婚しても依然として学究が大切ですから,とうそぶき オットにはだいぶ迷惑をかけた.
そもそも学究の時間がとれないからと仕事を辞め,オットに養ってもらう身分になったし.
そのうえオットの単身赴任中に内緒で願書を出して(受験の時はさすがに告白したけど),
よりによって自宅から通えない場所にある大学院に進学を決めた.

学資自体は用意していたものの,それ以外のすべてをオットに負担してもらい,
「自由気ままな一人暮らしwith猫たち」を研究学園都市にある,バブル時代に建てられた ちょっと素敵なマンションで過ごし,
ぼんやりとテキトーな学生生活を満喫した.




そんで本題な



そこまでさせて貰っておいて,こんな程度の論文しか出せなかったなぁ...という思いがある.
あちゃー という思いが(笑).

でもまぁ 仕方ないかなぁ という思いもある.

学問に遅すぎるということは無い,とは言うけど
果たしてそれはどこまで本当なのかな という疑問もある.

モヤモヤしててまだ整理できないけど,何ていうのか
あの時逃げずに,最初の大学時代から逃げずにいたら,
もっと早くにこの道に来ていたら,きっと結果は違ってたかもなあ という気もする.

でもこれが今出せる精一杯.
人生の長年の問題に片を付けることができた.

だからこれで良かったのだと思うことにしよう.
うん,十分にやり切ったと思う.

そうでなきゃオットに申し訳ない.助けてくれた色んな人にも.


明日はゼミが終わったら帰宅して,それから鬼のような掃除と洗濯とお片付けが待ってる.
これからは我儘は控えて,「二人が」楽しくて満足な暮らしを心がけよう.


[PR]

# by shioyebis | 2016-01-27 23:58 | 未分類 | Comments(0)
2016年 01月 22日
もういくつ寝ると
修論提出期限~♪ 


ほんと,今日は最後の1章書いて,明日はアブストラクトつくってから推敲という名の洗練化作業に着手.
その推敲の猶予は2日しかなくて,次の日は移動日で,
移動終わったら丸24時間のうちに体裁整えて図表配置して提出.


あれ, 間に合う気がしないんですが......



ま,提出しちゃえば口頭試問もないし(発表会で代用済み),デル子さんのメンテナンスに取り掛かりましょう♪

洗車してー 
タイヤもきれいにしてー 
小傷を補修してー 
小型ナビを検討してー 
シガーソケットの電源復活させてー

みたいに.
[PR]

# by shioyebis | 2016-01-22 13:33 | のらりくらり日和 | Comments(0)
2016年 01月 17日
憧れの一台,ようやく手元にやってくる
高校出るか出ないかごろに発売されたホンダのオープンカー.
スイッチひとつで屋根がトランクルームに収納されるタイプだけど,そのギミックがなかなかに正義の味方すぎて

もう眩しくてクラクラするくらい気になってたのがこれ



時は流れて はや四半世紀近く......


若き日に憧れたあの名車?迷車?をとうとう手にすることが出来た.

あんなに正義の味方で,車体のデザインもシャレオツで,コンパクトで取り回しがよさそうなのに
実はちーーーーーーっとも世間での評価を得られなかったとか.

4年間の販売期間で売れたのが1万6千台程度.
これは当時売上トップだったトヨタカローラの1ヵ月の販売台数でしかないそうな......

ということで,ほとんど市場に流通していない車両をたまーにネットで検索していた.
そして2か月前,割と近所に程度の良さそうな,もちろん超絶不人気車ゆえ激安な一台があって,
まぁ色々と問題をクリアして,ようやっと昨日 お迎えするに至った.


年増の新入り・デル子ちゃんでーす

b0009177_15205061.jpg

b0009177_15214016.jpg




本当はメカメカしい電動オープンが欲しかったけど,主に残存台数と予算の関係でそうもいかず,
本当は真っ赤な車体が欲しかったけど,主に残存台数と予算の関係でそうもいかず,

でも 「壊れにくい手動オープン方式」 で,「色あせしにくいシルバー」 という長所をもっていると思うことにしよう.

ここまで生き永らえてきたのは,歴代オーナーたちに大事にされてきたのもあるけど,壊れない,色あせない,という,没個性さ(笑)の賜物だろうと確信する.


それにしても どうしてこれがそんなに不人気なのか,いまだにさーっぱり分からない.
こんなに個性的で美しいのに!



似てる?
b0009177_15302985.jpg

[PR]

# by shioyebis | 2016-01-17 15:36 | おっかいものーおっかいもの~ | Comments(0)
2016年 01月 05日
Season's Greetings
年賀状は生存連絡 & 1年の不義理のお詫びみたいなもんなので出し続けます.
ただし宛名はシール,コメントは書きません.
そんなワシらですが,今年もどうにかこうにか宜しくしてたもれ~.

b0009177_1571625.jpg

[PR]

# by shioyebis | 2016-01-05 15:10 | のらりくらり日和 | Comments(0)
2015年 12月 23日
夜型生活2日目
staying awake till dawn constructing the plot of my paper.

・・・that's due to my laziness over the months.



feeling so tired


I’m thinking of bath and beer.


sounds N I C E doesn't it?
[PR]

# by shioyebis | 2015-12-23 04:17 | のらりくらり日和 | Comments(0)
2015年 12月 16日
私有地ナッシング
唐突に,ことのディテールだけを記述するんだけど


ここいらは元々山を切り拓いた土地で,昔なら多摩ニュータウン開発公社だとか,その後には東京都だかに移った管理地を
民間なら民間デベロッパーが入札して開発したような土地柄で,
広々したシャレオツデザインな公営住宅地もあちこちに広がっている.

つーことで,近隣は私有地ナッシング!


民間の集合住宅の拙宅では,オットが独身時分から駐車区画を2台分借りている.
まぁ地の果て・世界の果てのこちら多摩の奥地では,一家で車2台って珍しくもなくて,
この集合住宅でも,たしか数十軒のお宅が2台分の駐車区画を利用している.

それにしても 更にもう1台!ってのは,なかなかどうして駐車場確保は難しい.
いくらなんでもそこまでは想定外らしく,これ以上の駐車区画の余裕はないわけで.




ということで唸りながら探したわけ.この私有地ナッシングな土地柄で もう1台分の駐車場を!


でも私有地が存在しないってことは,民間の駐車場も無いってことで,

もー本当に無いの!
都心並みに無いの!
こんなノッパラだらけのクセに
車1台おいとく場所も無いの!!




東京都の管理地という名の原野なら いくらでも広がってるんだけどねー.


いやま,厳密には たまーに民間の駐車場もあるわよ,

自宅から車で5分の距離 になら......orz


で,ここいいらの総元締めやってる東京都もそこんところの事情は分かってくれてて,
なんとお隣の●●の●●に●●という資格で置かせてもらえるっつー,あらそれ素敵ねー♪ な制度を
利用させてもらうことになったので,ここんところワシちょっといい気になってるわけ.

普通は検索してもそんなこと出てこないんだけどね.まぁ検索もバカじゃ出来ないってことだわね(ネットジャンキー発言).

とはいえ,申請書類が国交省まで上がってまた下りてきて...というハンコリレーが必須のため,
申請して以降たっぷり1ヵ月待たされたんだけど.

でもこれでようやく車庫証明が取れて,車検通すことができて,あの車両をお迎え出来ることになったわっ!!!
[PR]

# by shioyebis | 2015-12-16 19:58 | のらりくらり日和 | Comments(0)
2015年 11月 16日
いくぜ!車中泊!②
いくぜ!車中泊!① の続き.


で,上半身の水平はこれでだいぶ確保できる目途が立った.
実際に使用する際は外装袋から出して,マット2枚をパンツのゴムみたいのでくくってズレないようにしよう.

で,下半身.つまり2列目シート.ここはこの車両の最大の売りであるラクシュアリーな居住性を遺憾なく体感できる部分である.
(うそ それは7人乗りのビジネスクラスみたいなシートのハナシ)

とはいえ,ここには先代から,とにかくとにかく巨大な段差があった.今回も同様であることに変わりはない.
長座布団やらクッションやらを駆使してこの隙間を埋めるのが腕の見せ所でもあったんだけど,
でも正直言って,大量の布団類を抱えて 押入れと駐車場を
何度も何度も往復するのはシンドい
のも事実.

と思っていたら,どこかのお父さんの工夫を発見!
ニトリの折り畳みマットレス!!
b0009177_18142785.jpg



オットが北九州に行ってる時に導入していたものの,その存在をずーっと忘れてた.
天袋の奥に息をひそめて隠れてたのを引っ張り出す.


あらぴったりじゃないの 素敵♪
b0009177_18162639.jpg


で,この上にセミダブルの布団を敷いてしまえば寝床としてはほぼ問題ないんだろうけど,もう少しだけ工夫を考えてみた.

まず上半身と下半身の繋ぎの部分には,部屋に転がっていた銀色シート.
b0009177_18235340.jpg




そして下半身をもう少し水平にするために,車内にあったこんなもんを詰めてみた.
b0009177_182533.jpg
ティッシュ(笑)!
あ,この程度ならバスタオル丸めても良いかもしれん.
ようは布団類じゃなきゃさほど手間はかからないということで...



2列目シートの真ん中部分,普段はアームレストになる部分が若干盛り上がっているため,
上半身の保温シートの高さが左右で異なってた.
じゃ 下がってる方にもティッシュ詰めとくか(笑.



で,下半身がどのくらいの高さになったかというと・・・
b0009177_18302898.jpg


上半身(3列目シート)の段差15㎝,下半身(2列目シート)の段差30cmという巨大な段差を潰すにあたり

①いかに楽に (コンパネ作成なし,布団の上げ下ろし少なく,段差を埋める上級?テクなし)
②いかに安く (そりゃあ専用の段差埋めグッズやマットは良いかもしれんが,数万してたりと高いもんなあ)

できるかを 自宅にあるものを中心に試みてみた.購入したのは保温マット4パックの計8枚・12,000円程度.
(もちろんティッシュってのは冗談半分だよ)

以前は電池式インフレーターを使用するエアーベッド(セミダブル)を使用したこともあるが,
一泊目あたりは非常に快適ながらも結構空気が抜けることと,猫が引っ掻いて一発でおじゃんにしたことで,今回は導入を見送った.

ごろ寝してみたところ安定感もあり大変に快適である.あとは最終的な微調整で実戦に出られそうな予感がする.
以前はシート上に敷いていた大きな保温マットも必要もなさそう.



以前の様子.3列目シートの背中部分に微妙に嫌なRがあった(もちろん座ってる分には快適なR).
これを上手に潰すのは結構大変だったが,新型は腰の蝶番部分に巨大な段差があるものの
R自体は小さくなっており,その点は楽になったかな.
b0009177_18512112.jpg

[PR]

# by shioyebis | 2015-11-16 18:16 | のらりくらり日和 | Comments(0)
2015年 11月 16日
いくぜ!車中泊!①
座席をビジネスクラスのシートみたいにしたり,内装に本革を惜しみなく使用したりと
「高級車」 ムードを押し出したいトヨタのセールス戦略に真っ向から背を向け
最初っから4WDの8人乗り一択だった拙宅.

そう,2列目と3列目シートをフラットにして車中泊スキーに行くからだよ!!

他メーカーの展開がイマイチななか,このニーズを満たす車種は系列の姉妹車を含む実質2台しか無かったもので,
シートアレンジなんかちーっとも確認せずに購入のハンコを押したのは真夏のことだった.
そしていよいよ秋も深まったある日,目の前に迫るウィンターシーズンに備え車中泊の準備を始めることとした.

でも先代(初代)~今回やってきた新型(3代目)は,ちょっと贅沢な車内空間をウリのひとつにしている.
平べったく言うところの「分りやすい高級路線(ただし庶民寄り)」である.
室内空間の広さや座席の居住性が非常に高い反面,キャンプとか後席で子供がゴロゴロとかいう使用には元来不向き,
いや,たぶんそもそも想定外なのである.
なのでホールド感を重視した座席は立体的で凸凹が大きく,とてもじゃないけどシートをフラットモードに倒したところで
そのまま車中泊なんてできる代物ではない.
それでもこの車両で車中泊をするべく,世のお父さん達は色々なアイディアで寝床を作成されており
工夫の数々をネットで拝見しているだけでも 結構楽しかったりするんだけど.

車中泊でなにより大切なのが水平の確保である.ここで手を抜くと睡眠の質が悪く,最低な旅行となる.
そのためシートの凸凹を埋めるべく世のお父さん達はホームセンターに走り,コンパネ(でっかい板)を買い,
室内サイズに切り出して,えい!とシートの上に被せちゃうってのがよく散見される.
のみならず,あたかもベッドの「足」のようにパイプを組んで,凸凹シートのちょっと上にコンパネを敷いて水平面を作り出すという技と
併用されるケースも多いようだ.
確かに究極的にはこれって正しい選択だと思う.パイプベッドでシートを挟むことで凸凹を最初から無視しちゃうんだから.
b0009177_23440472.jpg
(ちょっとヨソ様から拝借してきたイメージ画像 この上に板や畳?などを載せるのが最強モード)


だけど基本的にコンパネのような大物の導入はオットが面倒くさがっており,
また逆にオットが主張する3列目シートを取り外す,というイササカ乱暴な案だと
車両の使用用途が変わる→ナンバーの再取得をしないと事故時に大変なことになるらしいし.
そもそもこの車両のシート取り外しは結構面倒くさそうだし...
また,市販されている段差埋めの車中泊専用グッズは数万円とかで流石に手が出ない.
(車両を購入する時は特別予算を組むけど,それ以外は通常の会計予算からひねり出すもんで,そうそう便利グッズなんて買えない)

てな感じで,やっぱり先代車両と同様,布団類などを駆使してシートの凸凹を埋めてみる,ってのが第一選択となった.


ところがどっこい,そんな庶民のびんぼくっさい目論見を嘲笑うかのような新型車両のシート!

なんじゃこの容赦のない 無慈悲な段差 はぁ!!!
b0009177_17464865.jpg


そもそもこの車種にトヨタが与えた思想は,「座り心地」という居住性である.
決して寝床としての居住性なんて前提にしちゃいない,いやむしろそんなことは絶対にさせるもんか!
みたいな思想であるはずだ.
だから後部シートを倒してフラット♪ とは言っても,実際には相当大きな凸凹があるだろうことは
オットの先代車両の経験から織り込み済みである.

そんな凸凹を埋めるべく,先代では長座布団やらクッションやらを駆使して快適な寝床をこさえていた.
b0009177_17485969.jpg
すばらしきミルフィーユワールド





でもさすがに今回の無慈悲な段差を見た際の絶望感たら...
おまけに脇には肘置きがでん!と鎮座されているし...

でも負けへん



ということで試行錯誤を繰り返すなか,折り畳み式の断熱シートを重ねていて気が付いた.
これは普段,夜間にぐるっと車両の内側に回して防寒&カーテン替わりに使用しているものである.

そう,こういうやつ.
b0009177_17521949.jpg




近所のホームセンターのもので,180㎝×90㎝×0.8㎝で,折りたたむと厚みが7センチくらいになる.
それが2枚入って3000円くらいだった.
でも炭が入ってなければもっと安いものもあると思う.他に選択肢が無かったからこれにしただけ.


b0009177_17561048.jpg





これが3列目シートの無慈悲な段差に丁度よい高さである.
b0009177_175886.jpg
ほらな


では実際の寝床作成の様子はその②に続く



(30系)
[PR]

# by shioyebis | 2015-11-16 17:31 | のらりくらり日和 | Comments(0)
2015年 10月 09日
2000キロ
OMG !! OMG ~!!!!!

b0009177_22574814.jpg




つくば市 学園の森にあるスーパーセンターTRIALにて。

オットの新しい車両、2015年9月18日に納車されて20日、走行距離ちょうど2000キロを記録した。
そのうち半分くらいを私が使っちゃってる?かな?

まだまだ色々と乗りこなせておりませぬ(((^^;) 。

b0009177_22485739.jpg

この車種のDQN割合は比較的ハイだと言われてることを十分に意識してますの図(笑)@多摩の奥地

[PR]

# by shioyebis | 2015-10-09 01:11 | のらりくらり日和 | Comments(0)
2015年 09月 18日
お別れの日
初めて会ってから7年くらいかな。

それはオットと初対面の日でもあった。
外堀通り、オットと一緒に東京ドームの向かいに来てくれた。
都心ではあまり見かけない黒い いかつい巨体にちょっとビックリしたのを覚えてる。

あれから随分と沢山の距離を一緒に走り、一緒に眠り、
一緒に色々な風景を見て、一緒に色々な匂いを嗅いだ。
一緒につくばにも来てくれて、何度も何度も私とネコ達を多摩ニュータウンに運んでくれた。
とっても安全に。

私は後退しながらダンプに接触してブレーキランプカバーを割ったり
研究棟前に転がってるブロックを巻き込んでタイヤハウスのカバーを割ったり
とんでもない段差でバンパーをガッツリこすったりと、決して上手に乗りこなせなかったけど
でも、最大限に大切に扱ってきたつもり。

全走行距離11万5千キロ。そのうち6万~7万キロを安全に乗せてくれてありがとう。
感謝してます。


初代アルファード10系って言うんだってね。12歳。
走行距離と年式からすると、国内ではもしかしたら買い手がつかないかも知れないんだってね。
その場合は、外国に売られて行くかも知れないんだってね。

どこへ行っても、また大事にしてもらうんだよ。
本当にありがとう。
明日、雨が上がったら洗ってあげよう。お別れにあたり、感謝を込めて。


明日からは後継である30系との歴史が始まる。この先少なくとも10年、また大切にするつもり。

b0009177_22455449.jpg

b0009177_2246690.jpg

b0009177_22461990.jpg

[PR]

# by shioyebis | 2015-09-18 01:25 | のらりくらり日和 | Comments(0)
2015年 09月 11日
常総市(水海道 ・石下地区)の氾濫によせて
1年ちょっとの短い時間だけど、茨城県内に暮らして解ったこと…。

彼らは自己主張というか、とにかくアピールが下手くそなんだな。
これは自分達でも県民性だと認識してるみたい。
でもやっぱり、そうと解っていながらも、どうしても黙々と下を向いて仕事しているの。

たとえばお隣の栃木県は苺の消費量?か生産量日本一を宣伝してるけど、実は茨城県も相当な苺の生産量を誇っている。
しかも栽培品種は なんと「トチオトメ」っつーのがまた泣かせるんだけど…。
その他にも首都圏の後背地として色々な品目で生産量のレコードを誇る農業王国でもある。
でも県外のどれくらいの人がそれを知ってるだろう?

こんなことを含めて、基本的に都民な私は知らなかったことが沢山あった!

本当に広報が下手くそだよ茨城県!
つまり寄付なり納税なりして外部から支援してやらないと、
彼らの多くは諦めて、また大人しく、再び黙々と下を向いてしまうんじゃないかという懸念があるわけ。

もちろん当の茨城県人が声を上げて支援を求めるのが大事なんだけど、
でも長い時間をかけて形成された性格って、そうそう簡単に変わるもんでもないんじゃないかと、私は思ってる。

季節は新米の刈り取りの直前でもあった。
今回水害にあった一帯は鬼怒川と小貝川の中洲とも言うべき肥沃な地域。
生産者はどれだけ無念だったことか。
命が助かったね、不幸中の幸いだね、 なんて言ってられるは今だけのもので、
このあとには気が遠くなるような、長い長い 「復興期間」 が待っている。
田んぼなら排水処理、成分調査、有害物質も色々と入っちゃったろうから場合によっちゃ何年もの地質改良。
これはもう絶対に、間違いのない、頑然とした事実。

そんな農家を始め、鬼怒川の氾濫で被害に遭われた皆さんには ぜひとも支援をと思っている。

なのですっごい僭越ながら、大きな声を上げることに慣れてない茨城県民に代わって ここに断言する。

広域災害だから義援金の募集もあるだろうけど、ピンポイント支援ならふるさと納税だっていける。
どうにかしてやろうぜ!
[PR]

# by shioyebis | 2015-09-11 02:22 | のらりくらり日和 | Comments(0)
2015年 02月 24日
デカセギおくさま
色々な情報を総合すると,そろそろ来るかなー と思っていたけど でも連絡なくて,
じゃあ つくばでスポーツクラブ通って減量生活に入るかなー なんて思っていた矢先に電話がきた.

というわけで,勝手知ったる某教育関連産業にて1か月ちょっとのバイトに復帰するため,
茨城県から猫達やら生活物資やらをよいしょっ!とでっかいお車様に積み込み,
多摩の奥地に「帰宅」 というか 「デカセギ」 にやってきた.

本当は午前にスタジオレッスン,有酸素運動,無酸素運動,入浴をして
午後からは研究室か図書館か下宿で研究準備(文献精読)でもして,のんびり春休みを過ごそうかと思っていたんだけど.

だけどまぁ,バイトも大事だよね.大きな金額にならないとしても,学費の足しになるのはありがたい.
それに院生生活を送る中で,だらけきった頭(実生活じゃ使い物にならないレベルにまで低下してる)と体を持て余してもいたし,
なにより労働のオファーをいただけるのは正直嬉しいもので.

というわけで,オクサマはしばらく研究なんて忘れちゃって,デカセギな毎日を送るのであった わっはっは.


それにしても あー 強制的に朝方生活に修正されるのって気持ちいいわね~(爆.


(だけど労働中は体が重くてちっともキレがなく,気持ちと裏腹に まーったく機敏に動けないのはナイショあるよ)



[PR]

# by shioyebis | 2015-02-24 00:47 | のらりくらり日和 | Comments(0)
2015年 01月 28日
雪って?
ほんとに気温とお天気の間に 矛盾はないのか!?
b0009177_1263050.jpg

[PR]

# by shioyebis | 2015-01-28 01:25 | のらりくらり日和 | Comments(0)
2014年 12月 08日
ビンボー症でね
つくばのCOSTCOに、長らく愛飲してるコーヒー豆を仕入れに行ったわけ。
時間は閉店ギリギリの19時50分とか そんくらい。

ぱーっと目指す売り場にダッシュしてから、すぐその先のデリ売り場の醸す違和感が気になった。



ま、まさかの!

まさかの、

まさかのぉ!!!!




お寿司食べ放題!



ローストチキン食べ放題!



厳密には 「試食」 なんだけど、スタッフが今日が賞味期限のアイテムを必死にプロモートしてる現場だった。



COSTCOのデリカテッセンは殺人的な量がネックとなって、拙宅のテーブルに上がることは、 ほとんど ない。

40巻ほどあるような握り寿司を食べたことも、6ピースも入ったチキンレッグを賞味したことも ない。



と、ここまで書けば いかに私がその状況に狂喜し
意地汚くも幸せそうな表情でそれらを遠慮なく頂いたかは 想像に難くなかろう(笑)



チキンレッグをかじりながら、閉店間際のレジを抜け、油でぎっとぎとの指先で苦労しながら車に乗り込んだ。
そしてチキンレッグをしゃぶりながら オットに報告の電話をかける。

「一食浮いた」
との報に、我がことのように喜ぶ多摩丘陵。よかった、どうやら嬉しいことを共有できたようだね。



ともにビンボー症の我ら、経済観念の一致は 何より大事と再認識した一件だった。
[PR]

# by shioyebis | 2014-12-08 02:19 | のらりくらり日和 | Comments(0)
2014年 11月 26日
そらそういうモンだもの
今年撮った写真を年賀状にしようとデザインを作成し、その試験版を近所のフジカラーのお店でほぼ実物サイズに出力してきた。
イメージの確認てやつだ。それをチェックがてら見たオット曰く

「なんか 遊んでばっかに見える じゃん」


だってさ。


ほななにかい? 職場でニガい顔して仕事してる写真 を載せるかい? と思わず突っ込まずにはいられなかった。

年賀状てそんなモンちゃうんかいなぁ。




あ、今はちょうど推薦入試期間による全学休校があって。
私は10連休になってるもんで、多摩の奥地に猫達と帰省しておりまふの。

それにしても国立大学で推薦入試だなんて。
熾烈な競争が当たり前だった20年くらい前とは、まーなにやら隔世の感たっぷりですわ。
[PR]

# by shioyebis | 2014-11-26 01:29 | のらりくらり日和 | Comments(0)
2014年 10月 26日
明日から調査旅行
つくば生活、なんとかついて行けてまふ。

明日から県中部の某海辺の町に調査に行ってきまふ。
1週間泊まり込みが必修カリキュラムというクレイジーぶりでふ。

That's where some nuclear companies are located in, but its not Tokai Mura.
Do you have any ideas where it should be?
[PR]

# by shioyebis | 2014-10-26 00:05 | のらりくらり日和 | Comments(0)
2014年 09月 14日
get ready for the sailing
One day my husband phoned and told me that he took a new job offer from the agent for sudden.

Conventionally we know such kinds of offers are passing away according to his age.

And as we don't have to be worried about anything which may make us cautious for financial reasons
especially for the housing loan anymore, I told him that I'd be glad any jobs or any positions
he might take as long as he would be satisfied with it.


We have no idea how our life will face the changes of different kinds from now on,


But it's clear that the journey still goes on, so we need to get ready for the sailings.



That's small but a truth I know about our life.

[PR]

# by shioyebis | 2014-09-14 00:45 | のらりくらり日和 | Comments(0)
2014年 08月 13日
人生を楽しむのです
半年近く前に、母方の伯母が亡くなった。

伯母は生涯独身だったので いい年してプラプラしてる私を、境遇が似ていると言っては可愛がってくれた。
そうこうするうち、私は、なんだかものっすごい偶然な縁があり、
30代も後半に突入してまさかの世帯を持つこととなったんだけど、
それでも私が子供を残さないことに変わりはなく、伯母にとってはやはり近しい境遇だったんだと思う。

伯母の生前、ちょっと年の離れた、でもとても気の合うオットとプラプラ遊び歩いている毎日を過ごすなか、
伯母から特に印象に残った言葉を貰った。

「せいぜい楽しみなさい 後悔の無いようにね」


そうだよね。
先のことを案じても仕方ないのよ。
どうせ看取ってくれる子供は居ないんだし人生は有限なんだから、
折角縁のあった2人で日々を楽しく、美味しく過ごそうという覚悟ができたわけ。この言葉で。

長期的な展望に欠けた刹那的な快楽主義と言われたらそれまでだけど、
でもそれが許される限りは伯母さんの言う通り、無理をせず、ケチケチせず、楽しく過ごそうと思う。
人生で楽しくて幸せだと思える時間の絶対量って、果たしてどれくらいだろう?
そう考えたら、やっぱり今の幸せを力いっぱい満喫すべきだよねって確信がある。

そして後ろめたさを感じずにこの状況を肯定できるのは、伯母さんの言葉が背中を押してくれていているから。
ありがとうね。
[PR]

# by shioyebis | 2014-08-13 02:52 | のらりくらり日和 | Comments(0)
2014年 06月 14日
2014年の大型連休も北へ向かった
あああああ   もう1か月以上も前のハナシだけど、5月の連休にはやっぱり 再び車中泊しながら北上してきたもので。

順不同だけど



青森の西海岸で 長年放置されたままの座礁船を眺めたり
b0009177_2104040.jpg




鰺ヶ沢にあるイカ屋さんの看板犬・わさお のそっくりさんを眺めたり
b0009177_2112385.jpg




ph1とか2とかいう 死の湯に大喜びで浸かったり
b0009177_212870.jpg



やっぱり盛岡の名店・肉の米内で死ぬほど旨いのに とってもお安い極上カルビ定食と
超しっこしこな冷麺をいただいたり
b0009177_2133195.jpg



律儀に木造駅のしゃこちゃんを拝みに行ったり(通算4回目って・・・・・・おかしいだろあんたたちw)
b0009177_215117.jpg





そんなこんなだった。


それからは再びなんだかわからないうちに怒涛のごとく日々が過ぎ去り、気づけば6月も半ば。
こんな調子で 本当に自分の研究ができるんだろうかと 思わず不安が大きくなる。
あと1年半でさ、構想の段階から修士論文を完成させるなんて、可能なんだろうか・・・・・・。
[PR]

# by shioyebis | 2014-06-14 21:08 | 北へ! | Comments(0)